5つの特徴|白井歯科クリニック 千葉県 船橋市 塚田 新船橋駅 東船橋 海神 西船橋

Web予約

駐車場4台完備 047-425-3302

千葉県船橋市海神2-23-28 伊藤第一ビル2F

Feature / 5つの特徴

患者様が快適に来院して頂くための当院の特徴をまとめました。

ご興味のある項目をクリックしてください。

 

レーザー機器を活用した治療

可能な限りの無痛治療

安心の滅菌体制 介護福祉士の在籍 知識・技術の研鑽

 

 

+レーザー機器を活用した治療

「レーザー」という言葉を聞くと、身体に与える影響

を心配される方がいらっしゃいますが、当院が使用

しているレーザーは医療用に開発されたものですので

安全です。従来の虫歯治療では、ドリルで虫歯を削り

とると同時に、どうしても健康な歯までも削ってしまう

という問題があり、患者様にとっても、我々歯科医師

としても心苦しい思いをするのが従来の治療法でした。

しかし、この歯科用レーザーを虫歯治療に応用することで、健康な歯を削ることなく虫歯に侵された箇所だけを除去することが可能になりました。

レーザー

 

ところで、なぜ歯科用レーザーで虫歯だけを

除去することができるのでしょうか?

それは、歯科用レーザーには水分を蒸散させる

機能があり、虫歯になった歯は水分を多く含む

ため、レーザー光を照射すると、水分とともに

虫歯部分が分解されるためです。

また、レーザー治療は虫歯の除去だけでなく、

殺菌効果・虫歯予防効果」「口内炎治療

歯茎の黒ずみ除去」「外科処置」「軽度歯周炎

にも高い効果があります。

レーザー図

 

 

+可能な限りの無痛治療

痛みは誰でも嫌なものですよね。

最近では技術や機器の進歩により、可能な限り痛みを伴わない治療が可能になってきています。当院で実施している「可能な限りの無痛治療」をご紹介いたします。

 

Step1 不安・緊張の除去

不安や緊張があると、痛みに敏感になります。

十分なコミュニケーションをとり信頼して頂くことが

はじめの一歩となります。

リラックスしていただいてから処置に移ります。

カウンセリング

 

Step2 表面麻酔

注射部位にゲル状の表面麻酔薬を塗ります。

「チクッ」とする皮膚の痛みをなくします。

表面麻酔

Step3 麻酔液を人肌までに温めます

麻酔液と体内との「温度差」も痛みの原因になります。

そこで麻酔液を体温と同じくらいまで温め、体内との

温度差をなくします。

すると、麻酔液が入ってきた時の痛みが軽減されます。

温め

 

Step4 極細針の使用(33G)

現在販売されている針で一番細い針を利用しています。

太い針よりも細い針の方が痛みは少なくなります。

針

 

Step5 電動麻酔注射を利用しゆっくりと注入

麻酔液を急激に注入すると組織が膨張し痛みの原因

になります。人間の手では注入スピードを正確に

コントロールすることは難しいため「電動麻酔注射」

による機械制御で注入スピードをコントロールしています。

また、最初に針をさす場所ですが、歯茎(硬い部分)と、

粘膜(柔らかい部分)では、粘膜のほうが痛みを感じる

部分(痛点)が少ないので、粘膜の場所を選んでいます。

オーラスター

 

 

+安心の滅菌体制

医療機関として当然の責務ですが、当院では菌体制を構築し治療に臨んでいます。

最近では「殺菌」とか「滅菌」「消毒」などの言葉が巷に溢れていますが、それぞれ意味が違うことをご存知でしょうか?

 

消毒=病原微生物をある程度殺すこと

殺菌=病原微生物を殺すこと。生きている可能性あり

滅菌=有害・無害を問わず、すべての微生物を完全に殺すこと

 

つまり、「消毒<殺菌<滅菌」の順でレベルが異なります。

当院で行っているのは「滅菌レベル」です。

診察基本セットは全て高圧蒸気滅菌機(オートクレープ)により滅菌し、治療に使用する手袋、エプロン、紙コップ、注射針は全て使い捨てとしております。

また、ユニット(みなさんの座る診療椅子)に取り付けられたタービンも患者さんが変わるたびに滅菌させて頂いております。滅菌スリッパ、空気清浄器の設備もございます。

 

殺菌写真9

 

 

+介護福祉士の在籍

「歯医者に介護福祉士?」と疑問に思われるかもしれません。

そもそも介護福祉士とは、日常生活が困難な人に対して、

入浴や食事などの介護を行ったり、その人やその家族の

介護者に介護に関する相談や指導を行う介護の専門職

(国家資格)です。現在日本は、高齢化社会の真っただ中にあり、

様々な機関の対応が急務となっています。これは歯科医院も

例外ではございません。

体の不自由な方の適切な誘導、そしてそのご家族への助言等を

口腔ケアの立場で対応させて頂いております。

介護福祉士

 

 

+知識・技術の研鑽

歯科医師になって30年余り。

多くの経験を積むことで患者様に喜んで頂ける治療が

できていると自負しております。

しかし、本当の意味で「最善の治療、最良の選択」が

できているのかと問われると「できている」と断言

できない自分がいます。

 

それは医療には終わりがないためです。

 

常に最新の技術・治療法が開発されるのがこの世界。

最新の情報にアンテナを貼っておく必要があります。

院長

 

しかし、「最新の情報=優れた情報」というスタンスではいけません。

医療の世界で「最新」ということは、またしっかり検証されていないということと同義です。つまり、良い物なのか悪いものなのかがまだはっきりしていない状態ですね。

最近では「最新」に飛びつくドクターが多く見受けられますが、医療人としてもっと慎重な姿勢で臨まなければと私は考えます。

 

患者様は実験台ではないのですから・・・。

 

最新の情報を常に取得しながらも、様々な文献を読み、セミナー・勉強会に参加し、しっかり検証した上で臨床に応用していく。

 

この姿勢が大切だと私は考えます。